PET/CT|がん検診|脳ドック|MRI|CT|超音波|保険診療|東京

西台クリニック画像診断センター

お電話でのご予約

月〜土 9:00〜17:00(祝日除く)

検診のご予約

03-5922-0703

医療機関の方

03-5922-0702

食事指導

03-5922-0704

代表

03-5922-0700

心臓MR | 110,000円+消費税(金曜日限定/約5時間)

検診コースのご案内

心臓MR | 110,000円+消費税(金曜日限定/約5時間)

金曜日限定。心臓画像診断で突然死を未然に防ぎませんか?

定期的な「PETがん検診」と「脳ドック」をご受診いただいている皆様に追加のプランとしてお知らせです。ご承知かと存じますが、三大生活習慣病として「がん」「心疾患」「脳血管疾患」がございます。

皆様は日頃、PET-CTによる「がん検診」とMRIによる「脳ドック」をご受診されておりますので、「がん」と「脳」に関する早期発見はご安心かと思われます。

そこで今回、「心疾患」に対する最適なコースとして、MRIによる「心臓MRコース」をご案内させていただきます。

日本では珍しい心臓MRIドック※1を心臓検診の分野で有名な心臓画像クリニック飯田橋※2の技術協力を得て、当日の面談までを行うコースです。

※1心臓画像クリニック飯田橋の寺島理事長のご紹介をご参照下さい。

※2常に拍動しているため画像化が厳しかった心臓を立体的に再現することができます。これは、従来の心臓スクリーニングとは異なるものです。

特に「血縁者に狭心症、心筋梗塞の方がいる/坂道、階段で息切れ、胸の苦しさを感じることがある/脈が飛んだり、めまいがすることがある/脈が速くなり、ドキドキと動悸がすることがある/胸部の不快感、きゅっとする胸の痛みがある/心臓の健康状態を把握したい」の6項目が気になる方に『心臓MRコース』はおすすめです。

検査項目

新設の心臓検査は、大きく2つの検査項目からなります。

1. 新規導入したMRI装置に、新たに心臓用コイルをプラスしたMRI検査

MRIで取得した画像データは心臓用の高度解析ソフトを用いて、主に冠動脈(心臓に酸素を供給する血管で心臓を取り巻く動脈)の異常の発見に務めます。さらに、体内に血液を送る際に重要な働きをしている左室の容積・駆出率・左室重量を計測します。これは現行で最も正確な測定法の一つといわれています。

身体の臓器のなかでも、常に拍動している心臓を鮮明に画像化することは特に難しく、その技術は最近まで確立されていませんでしたが、最新のMRI装置と高度な解析ソフトで医療技術処理を行なった結果、冠動脈の病変を描出することが可能となるため、心筋梗塞や心臓突然死を予防するのに最適な方法となります。また、撮影も熟練した放射線技師が対応をさせていただきます。

2. 心臓専門の臨床検査技師が施行する超音波検査

心臓超音波では心臓専門の臨床検査技師が心臓の肥大の有無や、弁、壁の動きを観察します。MRI検査も超音波検査もそれぞれ非侵襲的な検査なので、ご受診される方にとってやさしい検査内容となっており安心してご受診いただけます。

当日の面談につきましても、実際に撮像し解析した立体的な心臓の画像をご覧いただきながら循環器の専門医師が心電図も含めた総合的な心機能評価を丁寧にご説明させていただきます。万一、心臓に疾患等が発見された場合の対応も万全ですので、今まで通り安心してご受診頂けます。

心臓MRI検査の画像例

心臓解析機能による高度医療技術処理を行った画像はとても鮮明で、突然発症する心筋梗塞などの症状を予防するのに大変に有効です。

CG画像1CG画像2CG画像3CG画像4CG画像5

※画像は心臓画像クリニック飯田橋より提供

> グランドコースの詳細はこちらから

心臓画像クリニック飯田橋 寺島理事長のご紹介
画像診断技術の日米の差を目のあたりにして  — 寺島 正浩 理事長

心臓画像クリニック飯田橋:寺島 正浩 理事長

アメリカのスタンフォード大学で7年半にわたり心臓MRIを中心に臨床・研究に従事していた医師・寺島正浩は、日米の心臓画像診断の技術の差を目のあたりにしていました。最新の心臓画像診断を使えば、心臓病の早期発見が可能なのに、なぜ日本では心臓画像診断が広まらないのか?」という思いから、「一人でも多くの患者様に最新、最良の心臓画像診断を届けたい」と開設したのが、日本初の心臓特化型画像診断センター「心臓画像クリニック飯田橋-CVIC-」です。

一人でも多くの患者様に最新、最良の心臓画像診断を届けたい

心臓画像クリニック飯田橋:

 

検診項目について

検診のご予約