PET/CT|がん検診|脳ドック|MRI|CT|超音波|保険診療|東京

西台クリニック画像診断センター

お電話でのご予約

月〜土 9:00〜17:00(祝日除く)
※食事療法受付は16:00まで

検診のご予約

03-5922-0703

医療機関の方

03-5922-0702

食事療法

03-5922-0704

代表

03-5922-0700

がん食事療法

がん食事療法

当院理事長、済陽高穂の食事療法にかける思い

大学や都立病院で外科医として、約4,000例のがん切除手術を執刀しております。当時、手術の遠隔成績を調べるために、1,406例の消化器がん手術の追跡調査を行ったところ、術後の5年生存率が52%という予想よりもかなり厳しいものでした。この事実に愕然し、これを向上させることを使命として、この十年余り国内外よりさまざまな食事療法を参考にして、外科的手術、化学療法、放射線療法のがん三大療法と併せて、食事改善で「代謝と免疫能を高める」ことが必要不可欠だと考えるに至り、済陽式食事療法を考案しました。

これまで、平均調査期間3年6ヶ月、211例(約半数は手術ができない進行がん、約4割は再発や離れた臓器への転移があって治療が難しいとされる晩期がん)の治療成績は有効率64.5%、完全治癒が30例、改善したケースは106例です。

がんと戦う上で必要な免疫力・治癒力を高める「がん食事療法」を多くの方にご理解いただければ幸いです。

ハワード・ストラウス氏との対談映像

ゲルソン女史による当院理事長・済陽高穂紹介スピーチ映像

【お知らせ】
出版物(著書)が70冊を超え、認知度が向上したため、食事療法に関するお申込みとお問い合わせが大変多くなっております。初診の診療スケジュールと担当スタッフを増やす改善活動を行いましたが、なお順番待ちが多い状況となっております。
専用ダイヤル(03-5922-0704)では、お電話が繋がりづらかったり、折り返しのお電話をお待ちいただくことがございます。何卒ご了承下さい。
また、当日の診療につきましても混雑のため、予約時の待ち時間のご案内と異なることがありますので、併せてご承知おき下さい。
患者様およびご家族様には、大変ご迷惑をおかけするとは存じますが、何卒ご協力をお願い申し上げます。

がん食事療法の目的

がん食事療法では、栄養状態を改善し、代謝(体内での物質の変化や入れ替わり)を促進し、免疫(細菌やウィルスなどの病原体やがん細胞を打ち負かす働き)を高めることで、がん体質を改善することが目的です。がん食事療法は、現在のかかりつけの主治医による治療と併用で行います。

注)当院では、直接がん治療を行っておりません。診療のご相談、食事療法が主体です。

当院の奏効例

当院の奏効例

がん食事療法の内容

  1. PET検査および腫瘍マーカー検査:現在の病状(腫瘍の病期・位置、転移の有無など)を把握するために検査を行います。
    PET検査の詳細は、「PET/CT検査」、核医学会の小冊子「PET検査Q&A」をご覧下さい。
  2. ご提出いただいた「診療情報提供書」および「1の検査結果報告」に則したがん食事療法を行います。その際に、事前に、著書「今あるガンが消えていく食事」(マキノ出版)も熟読して、質問事項をまとめて頂ければ、より多くの内容を享受することが可能となります。

がん食事療法におけるPET検査の意味

医学的な根拠が必要なので、PET検査および腫瘍マーカー検査により、現在の病状を把握した上で、食事療法を行います。定期的に上記検査をすることで、治療効果を判定すると同時に、病状に応じて食事療法の内容を変更します。

病状により異なりますが、半年程度に一度、PET検査(例外を除き、保険適応)を行います。

がん食事療法の対象となる方

  • ご本人が食事を充分に摂れること(栄養・代謝療法が可能なこと)
  • 主治医が了承しており、主治医からの診療情報提供書をご提出可能なこと
  • 家族の同意が得られていること(がん食事療法では、料理をする方の協力が必要です)
  • 原則として、ご本人が受診可能なこと

専門性および病状によっては、診療できない場合がありますので、ご了承下さい。

がん食事療法 予約から受診までの流れ

お電話(専用回線:03-5922-0704)にて、病状の経過と関連事項(個人情報)をご連絡下さい

電話受付時間/9:00〜16:00

  1. まずシステムのご案内をします。
  2. 同意の上、お申し込み希望の方は、病状の経過と個人情報をお知らせ下さい。
    氏名、年齢、性別、住所、病名、病状経過、病院名、主治医などの個人情報をお聞きします。
    また、食事療法の対象となるかを判断します。

※下記の方はがん食事療法対象外です

  • 食事が摂れない方、食欲低下の方
  • 食事制限がある方
  • 胃瘻、腸瘻で栄養を摂取している方
  • 腹水、胸水貯留の方
  • 超高齢者の方
主治医に、がん食事療法を受けたい旨を相談して、了承・協力を得る
主治医の了承が得られない場合は、基本的に食事療法が出来ません。
主治医に「診療情報提供書」等を依頼して、受け取り、当院に送付して下さい
※当院担当者より書類準備につき説明事項がありますので、準備される前に必ずお電話でお問い合わせください
「診療情報提供書」が届きましたら、済陽理事長と担当者でケースカンファレンスを行います。「診療情報提供書」の内容を拝見し転移の状況や検査・指導に堪えうるかを検討します。検討の結果、すぐの指導を見合わせる可能性があります。

【送付先】

〒175-0082 東京都板橋区高島平1丁目83-8
西台クリニック 食事療法担当宛

 

当院では、がん治療を行っておりません。診療相談、食事療法が主体です。診療情報提供書の紹介目的には、「食事療法希望」と明記してください。

 

電話にて当院より食事療法の可否を通知して、食事療法の日程(完全予約制)を調整します。
ケースカンファレンス後に、理事長または担当者より、指導日程などをご連絡いたします。完全予約制のため、直接ご来院いただいてもお受けできません。
※予約待ちの方が多いため、こちらからの連絡が10日から2週間ほど要することもございますが、ご了承下さい。
※申し込みのキャンセルや食事療法日の変更を希望する場合には、お早めに受付窓口(専用回線:03-5922-0704)までご連絡ください。

済陽理事長の食事療法スケジュール

※食事療法の初回のご連絡は西台クリニック(03-5922-0704)へお問い合わせください。
曜日
午前
午後
火曜日
西台クリニック
西台クリニック
水曜日
西台クリニック
木曜日
西台クリニック
西台クリニック
金曜日
西台クリニック
土曜日
西台クリニック
西台クリニック
※食事療法の初回のご連絡は西台クリニック(03-5922-0704)へお問い合わせください。
全国各地での講演/学会での発表などにより、上記日程を変更する場合もございますので、ご了承下さい。

 

指定日に来院し、必要検査(PET/CT検査、血液検査など)および「がん食事療法」を受診
PET/CT検査の詳細は、「PET/CT検査」のページをご参照ください。

■料金について

  • 保険適用の場合、患者様ご負担額10,000円〜40,000円(検査料金および指導料も含む)を受付にてお支払いいただきます。「初回食事療法料、テキスト代」30,000円は別途費用となります。
後日、主治医、もしくはご本人様に結果が郵送されます
2回目以降の指導は、さいたま市の三愛病院または、東京都の栗原クリニックで行います。また、1年おきに定期的に西台クリニックにて検査をしていただき食事療法の効果判定等を行います。

がん食事療法の担当医師 高橋 豊(たかはし ゆたか)

ごあいさつ

医学生時代を含め、これまでずっとがんの研究、診断、治療に邁進して参りました。専門は消化器がんの診断と治療で、外科医として数多くの胃がん、大腸がん、食道がん、膵がん、さらに肺がんなどの治療に携わってきました。研究は多岐にわたり、自著論文を300編報告してきました。特に分子標的治療薬には多大な業績を残しております。これらの集大成として、がんと長く共存する「がん休眠療法」を提唱し、特に抗がん剤治療においては、副作用を軽減し、長く継続する方法を開発しました。現在も、高齢者や抗がん剤治療に弱いため標準治療が受けられない方に実践しております。

また、がんの食事療法に関してですが、済陽理事長を始め多くの先生がバイブルとしている本「キャンサーセラピー」は、実は20年以上前に私が翻訳したものです。この本の内容を元に、済陽先生が提唱しておられる食事療法を基礎から解説し、実践にお役立ち頂きたいと考えております。また同時に、がんの治療自体のご相談もお受けできると思います。

略歴

国際医療福祉大学保険医療学部 教授
(財)化学療法研究所附属病院化学療法部 部長
前金沢大学がん研究所外科学 教授
前千葉大学医学部分子免疫治療学 教授

がん食事療法 専用回線:03-5922-0704