PET/CT|がん検診|脳ドック|MRI|CT|超音波|保険診療|東京

西台クリニック画像診断センター

お電話でのご予約

月〜土 9:00〜17:00(祝日除く)
※食事療法受付は16:00まで

検診のご予約

03-5922-0703

医療機関の方

03-5922-0702

食事療法

03-5922-0704

代表

03-5922-0700

第8回  前立腺がん

第8回 前立腺がん

第8回 前立腺がん

前回は女性特有の子宮体がんのお話でしたので、今回は男性特有の前立腺がんについて説明します。 前立腺がんはかつて日本人には少ないがんと言われていました。それだけに名前は知っていても、どこか他人事と思っている男性の方も少なくないでしょう。しかし現在では、胃がん、肺がん、大腸がんに続いて、日本人男性が罹患する第4位のがんなのです。

前立腺がんは50代~60代にかけて罹患率が高まり、患者数も年々増加しています。2012年の死亡数は約1.1万人で男性がん死亡全体の約5%を占め、2025年には約1万5千人が前立腺がんで死亡すると予測されています。他のがんと同様に初期では自覚症状がないため、適齢期 になったら定期的な検診が大切です。

早期発見にはPSA(前立腺特異抗原)検査が一般的です。PSA検査とは前立腺がんに特化した血液検査で、自治体が行う健康診断や人間ドックで手軽に受診できます。日 本泌尿器科学会のガイドラインでは、住民検診では50歳以上、人間ドックでは40歳以上を受診対象としています。

ただPSA検査の結果が高値であったとしても前立腺がんであるとは限りません。PSAは前立腺肥大症、前立腺炎、射精、膀胱内に尿が溜まって排尿できない尿閉などの要因によっても上昇します。PSA値から前立腺がんが疑われた場合は、前立腺の腫れを肛門から指を入れて調べる直腸診、肛門から器具を挿入して調べる経直腸的前立腺超音波検査などを行い、最終的には組織を採集して調べる前立腺針生検で診断を確定します。

前立腺がんは早期に発見できれば外科手術または放射線治療で治癒できるがんです。また比較的進行がゆっくりしていることも多いため、発見されてもPSA検査を定期的に行い経過観察する(PSA監視療法)場合もあります。治療による合併症や後遺症が起こるリスクもありますので、どのような治療を行うのか、医師とよく話し合い決めることが大切です。

会報誌第12号より

<関連のある検査コース>
グランドコース:255,000円(+消費税)
がん総合コース:面談あり/195,000円(+消費税) 面談なし/185,000円(+消費税)
乳がんPETコース:165,000円(+消費税)
PET/CTコース:145,000円(+消費税)

<このコラムに興味のある方はこちらも読んでいます>
肝細胞がんについてのコラム
大腸がんについてのコラム
胃がんについてのコラム


一覧ページへ