PET/CT|がん検診|脳ドック|MRI|CT|超音波|保険診療|東京

西台クリニック画像診断センター

お電話でのご予約

月〜土 9:00〜17:00(祝日除く)
※食事療法受付は16:00まで

検診のご予約

03-5922-0703

医療機関の方

03-5922-0702

食事療法

03-5922-0704

代表

03-5922-0700

第9回 食道がん

第9回 食道がん

第9回 食道がん

今年になって歌手のやしきたかじんさん、女優の淡路恵子さんが食道がんでお亡くなりになりました。同じがんが続いたのは偶然かと思っていたら、少し前は俳優の岡田真澄さん、藤田まことさん、落語家の立川談志さん、漫画家の赤塚不二夫さんが食道がんで亡くなり、歌手の桑田佳祐さんも患っていることに気付きました。有名人に多い食道がんとはどのようながんなのでしょうか。

厚生労働省の人口動態統計によると、平成24年に食道がんで亡くなった人は11,592人。内訳をみると男性が9724人、女性は1868人と、圧倒的に男性に多いがんであることがわかります。罹患が高まるのは40歳代後半からで、特に男性は急激に増加します。

食道がんになりやすい人は、「タバコを吸う」「お酒をよく飲む」「熱い飲み物をよく飲む」などの特徴があります。特にヘビースモーカーで、お酒を飲んで顔が赤くなる人は注意が必要です。そのような人は1日の飲酒量が2合未満で顔が赤くならない人に比べて、3.4倍もリスクが高いことがわかっています。芸能関係に食道がんが目立つのは、お酒を飲む機会が多いからではないかという指摘もあります。

食道がんは食道の構造上、がんの出来る部位の周囲に広がりやすく、治療が難しい「タチの悪いがん」と言われています。初期は他のがん同様に自覚症状がなく、進行してくると胸がチクチクしたり、熱い飲み物を飲みこんだりするときしみるような症状がでてきます。さらに進行すると食べ物がつかえるようになります。

食道がんを未然に防ぐには何よりも禁煙、そして飲酒を控えめにすることです。早期発見には胃内視鏡検査(胃カメラ検査)が威力を発揮します。内視鏡なら異常が見つかった際にすぐ組織を採取し、精密検査に回すこともできます。当院は近隣のクリニックと提携し、胃内視鏡検査の予約も承っています。タバコを吸う、お酒が好きという人は、食道がんを気にかけてみてください。


会報第13号より

<関連のある検査コース>
グランドコース:255,000円(+消費税)
がん総合コース:面談あり/195,000円(+消費税) 面談なし/185,000円(+消費税)
乳がんPETコース:165,000円(+消費税)
PET/CTコース:145,000円(+消費税)

<このコラムに興味のある方はこちらも読んでいます>
胃がんについてのコラム
大腸がんについてのコラム


一覧ページへ